FC2ブログ

一口愛馬とともに♪

2017年に一口馬主を始めました。愛馬を持つ喜びは何事にも代え難いですね♪

CATEGORY

category: 2017年産出資馬  1/6

ポレンティア次走フラワーカップのゲートはゲットした

ポレンティアの次走フラワーカップ(G3)の登録馬が発表されました。フルゲート16頭で登録が16頭ですので、抽選による除外はなくなりました。フラワーカップ登録馬(JRA)前走フェアリーステークス(中山1600m)では、5番人気で3着と人気を上回る成績を挙げてくれました。スタートで少し遅れてしまいましたが、すぐに追い上げて6番手辺りまで挽回しました。そのまま流れに付いていき、第3コーナー第4コーナーを5番手で回り直線追い...

タイズオブハートまもなく帰厩して4月の阪神を目指すか?

前走は1400m→1800mと距離を延長して、追走を楽にして差しを届かせるレースを期待した競馬でしたが、外枠の不利、距離が長かったことから、14着に惨敗しました。ただ、新味を試した結果ですので、この結果は度外視できます。短い距離に戻すとなると、1800mを走った後では余計に追走に戸惑うことと、歯が悪かったようでその治療するために放牧に出されました。そろそろ移動できそうとのコメントがありますが、少し悩ましいです。調...

リアアメリア桜花賞に向けて精神面の成長を見せる

桜花賞直行を決めてしがらきで調教をつんでいるリアアメリアですが、精神面の成長が見られているようです。大人の風格が出てきたや、気持ちが入り過ぎることなく前の馬を抜きに行こうとする気持ちを見せており、良い闘争心が出てきて、競馬に前向きな面が出てきてます。出資者としては、レースを使ってほしいと思いますので、トライアルに出られるなら出てほしいと思いますが、この調整状況からは直行が良い方向に出ているように思...

ユールファーナ初ダートを丸山騎手の好騎乗で及第点の4着と好走

ユールファーナ頑張ってくれました。初ダートでキックバックを受ける1番枠と有利な条件ではありませんでしたが、丸山騎手の好騎乗で手応えがよければ勝利もあった惜しい4着でした。スタートは遜色なく出て、そのまま番手に付けられそうでしたが、無理せず中断待機。できるだけ砂を被らないようにという配慮でしょうか、それともペースを見てのことでしょうか、分かりませんが、結果この判断が良かったと思います。第3コーナーから...

ユールファーナ初もの尽くしの試練を乗り越えられるか

初ダート挑戦となるユールファーナ。条件が一番合いそうな東京1400mダートで密かに期待しますが、枠は最も競馬しにくいところに入りました。しかし、今回はダートの適性を計るという目的もあります。それには逆に絶好の枠となります。この枠でもこの仔の場合は逃げることは難しいでしょうし、必ず前に馬を置いてのレースとなります。キックバックを終始受ける形の競馬となります。その状況でも集中を保てれば、内々を進み直線でJC...

ユールファーナ条件が合いそうな東京ダートで前進を狙う

ユールファーナの3戦目が決まりました。デビュー戦7着、2戦目5着と順位を上げていますので、今回は複勝圏内にステップアップしたいところです。この2戦の敗因の一つに、テンに付いていけないことが挙げられます。体重が軽く非力なタイプなので、芝1200mを使っていますが、競馬に行って気の幼さを見せるところがあってテンに置いていかれます。今回の東京ダート1400mは、そうした弱点を抱えるこの仔にとっては有利に働くと思います...

リアアメリア桜花賞直行で巻き返しを図る!!

リアアメリアの次走は桜花賞直行と予定されました。速いタイムへの対応は未知数のまま本番に挑むこととなります。中内田先生は、続戦することで気持ちが抜けてしまう恐れがあるとのことですが、前走の敗因に気持ちの抜けがあるとして、その理由がどこにあるかはまだ分からないのではと疑問を抱きます。間隔が空くことより、気持ちが抜けたことの原因が分からないままで本番を迎えることの方が不安ですが、方針が決まった後は応援す...

リアアメリア次走に向けてコンディション良好

もう蹄の心配はないようです。コンディション良く徐々に運動量を増やしていくということです。状態がよいということなら、関心は次走どこを使うのかに絞られますが、先の中内田先生のコメントからは本番直行もあり得ます。そうしますと4月中旬の桜花賞まで4ヶ月空くことになりますが、6月初旬の新馬戦→10月下旬のアルテミスSで1着と5ヶ月弱の鉄砲実績はありますから、間隔は問題にならないと思います。中内田先生が直行の方がいい...

ポレンティア休み明け健闘し3着!強さも弱さも見せた

13日(月)のフェアリーステークスで、ポレンティアが3着と健闘しました。スタートは一完歩遅れるもすぐに促されて5番手まで挽回し、そのまま息を入れつつ第3コーナーまで進み、第4コーナーから徐々に外に持ち出しつつ先頭を捉えにかかります。そして、直線では先団の外に付け追い出すもさらに外のアヌラーダプラに迫られ交わされかけるももう一度加速してシャインガーネットをアタマ差交わしての3着に入りました。完成度では大外...

ポレンティア3枠5番と枠の不利はなくなった

ポレンティアが13日のフェアリーSに出走します。リアアメリアに次ぐ出資馬の重賞挑戦です。新馬勝ちから5ヶ月ぶりになりますが、順調であれば9月29日のサフラン賞に出走していました。挫跖で休養に入ったという経過ですから、成長を促す休養と能動的に書かれてる記事もありますが、そうではありません。ただ、良いか悪いかでいうと良い方に出たと思います。デビュー戦時に池添騎手が「まだ体がしっかりしていないのに、いきなりこ...